名刺こそ欲しい。あなたらしさやキラリと光るキーワード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「はじめまして。よろしくお願いします。」って名刺交換した時に裏っ返して真っ白でなにも印刷されていないともったいないと思うんだよね。

社名、連絡先以外にも伝えたいことはもっとあるとおもうんだけど。

こんにちは。今月誕生日のなおコンです。色々お待ちしております。



この1.2年は初対面の挨拶は「はじめまして」の後に「何かSNSやっていますか?」

SNSで繋がる方が多くなってきて、名刺交換という言葉は死語になる?なーんて思ったりもしています。

とは言え、やはりSNSやっていない人も多いし、名刺には名刺のメリットがあります。

名刺を作っている立場から、これから名刺を作りたいと具体的に動き始めている人へ、こんなのが書いてあると捨てられず、覚えてもらえて、記憶に残るというのがあるので参考にしてみてください。



それは、連絡先以外の情報、プロフィールを書くことです。

例えば、あなたは留学サポートの仕事をしているとします。

あなたの名刺には留学先の国や地域、体験出来る事、連携している自治体とか関係先機関とか、目安の費用、期間、留学後の提案など安心材料やウリ、こだわりなんかをバババーって書いてあったとします。

たぶん同業他社も同じように、安心材料やウリ、こだわり、提供できるサービスなんかを書いているはずなのです。

同じような仕事をしている人がたくさんいる中であなたに頼みたくなる理由って、何だろう。

安いから、近いから、理由がそれだけだともっと近い店、もっと安い店ができたらそっちに行く可能性が高い。

そうじゃなくて、あなたらしさって何?と考えてみると他との違いが必要なのです。

名刺に限らずあなたのお知らせ媒体(HP、ブログ、チラシなど)を作るときに必ずお聞きするのが、何故それをやっているのか。事業を始めたきっかけや動機などです。

いろんな発信方法あるなかで、ブログは想いや考えが伝わりやすいので、ブログを書いているのかをまず聞きます。

プロフィールを読んでブログの文章も必ず読みます。



エクスマを知らなかったら色、書体などデザイン性を重要視した名刺を今でも作ったでしょうね。

ところがエクスマを知ってしまったので「あなたらしさ」や「他者との違い」を最重視して、「あなたは何者か?」をとことん探します。



Facebook、Twitterでも何でもいい。発信する道具はなんでもいいけど、とにかく発信しててほしい。

その発信している中にとっても重要なキーワードが潜んでいる確率が非常に高い!



連絡先、やってる事が書いてあるだけの名刺なら、私に頼む必要がないと思うのですよ。

逆に言うとそれが載っていればいいという名刺をもらったときに、どう思うのか?ってとても重要です。



たくさんあふれるほどの情報の中から、お客さんがあなたを選ぶ理由って何だろう?って考えてみるとよいと思います。

改めて聞かれると「なんだっけ?」というあなた。一緒に探しますよ♪

The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする