「ダイジョーブだよ」とちょっと背中を押せるような、仕事がしたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生存確認が年賀状のみという知人がいます。15年くらい会っていません。名前はヤスコと言いますが、当時の上司に

「ミホっていう名前っぽいよね」

となんの根拠もなく言われてからは、ミホと名乗っています。笑。そのエピソードを知る人は、今となっては私しかいない。笑

ゆうこりん、ありがたく使わせてもらいました



この年賀状、実はバッグの中に2ヶ月以上も滞在していました。長かったー。書いたの良いけどすっかり忘れていて、「明日こそ!」と心に固く誓い、翌日コロッと忘れてかりんとうをゴリゴリ食べて口の中切って、バッグみて「明日こそ!」と心に固く誓い・・・年始を迎える前に出せてよかったとホッと胸をなで下ろしています。ミホさん!届いたよね。





前置き長い。さて本題。

先日ふと気が付いたことがありました。

私の仕事は、人が何か新しい一歩を踏み出す場面に立ち会うことが非常に多い。

初めて作る名刺。初めて作るチラシ。初めて作るホームページ。初めて作るブログ。初めて呟くツイート。そして新しく始める事業のチラシ。など。

名刺1枚にしても、その人がどんな人でどんな思いで仕事始めたいと思っているのか。もしくはどんな思いで名刺を作りたいと思っているのか。しつこく聞きます。

その人の事が知りたくてFacebookみたり、ブログみたり、ストーカーのようにその人の情報を探しまくります。

そして、きっとこういうことを伝えたいに違いない。ということを見つけてその人の手を離れても気持ちや考えを伝え続けるような名刺チラシを作る。作りたいと常に思っている。

気持ちよく新しいことを始めるお手伝いをするのが、私の仕事なのだ。

新しいことを始める際には迷いも不安もあるでしょう。そんな時に、「ダイジョーブだよ」とちょっと背中を押せるような、そんな名刺、チラシ、サイトを作れたらなぁ、アドバイスができたらなぁ、と思う。

The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする