えしかるからSDGsまで チラシの作り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

えしかるに行く前にちょっと作ったチラシについて書きます。チラシ作る人の参加になれば。

チラシ作りを始める前に大事なことがあります。誰に見て欲しいのか。見た後とって欲しい行動は?

大抵の人は「何を」書くかは決まってる。イベントの告知をしたい!とか、セールのお知らせをしたい!とか、セミナー参加者募集!とか。

不足しているのが「誰に」。対象となる人が漠然としている。見た後に期待する行動が明確でない。ということがままあります。

今回の対象者は、福幸食堂えしかるに来店して注文したあと手持ち無沙汰な人!

そして「どうして欲しいのか?」お知らせしたのはいいけど、連絡先が小さい文字で書かれていたり、会場までの地図がなかったりして「やっぱ後でいーや」ってなってしまう。

見た後に期待する行動は、「何かしなきゃいけない?」「モヤッとする?」という感情を持ってもらうこと。





「誰に、何を、どうして欲しいのか」作り始める前に決めておく。これで出来具合の80%は決まる。



文章構成については別の時に。今回は見せ方について。

強調したい箇所があるときは

・文字サイズを大きくする

・太字にする

・書体を変える

・色を付ける(変える)



長い文を読みやすくする為に

・一文を短くする

・句点、読点の位置を変えてみる

・改行を入れる

・段落を変える



イメージしにくい場合は

・近くにイラストを添える

・簡易な言葉に置き換える



などの工夫をすると長文でも読み易くなります。気軽さを出したいときは、手書き風の書体を使うのもGOOD



今回苦労した点は「えしかる」という店名の由来から始まって「SDGs」のゴールまでわかりやすく説明すること。しかも遠い誰かのことではなく身近な自分ごととして感じて欲しい。



えしかるのランチタイムを手伝うようになって、私の仕事を通して出来ることって、こういう事だと思う。



えしかる、エシカル消費、フェアトレード、地産地消、SDGs





宮城県美術館の移転に反対しています。
慣れ親しんだ県美の存続のために活動をしています。
宮城県内外を問わず、賛同出来る人はご協力よろしくお願いします。
下記のリンク先でWEB署名を受け付けています。ここに至るまでの経緯も書いています。
前川國男が設計した宮城県美術館。 県民が愛する美術館の現地存続を求めます。
県の説明では不明な点が多いと感じています。詳しく知りたい人はTwitter、Facebookに情報を載せるのでフォローしてください。よろしくお願いします。
The following two tabs change content below.
SNS初心者が情報の自立発信が出来るようにサポートしています。ジャズフェス、ずんだ、支倉焼がある仙台が大好き! 個人個人が情報の発信力と的確に受けとる力をつけていくようにすることを目標にしています。仙台宮城の魅力を多くの人に知ってもらい、足を運んでも欲しいと願っています。 靴、帽子、革小物をこよなく愛し、かりんとうを発明した人は天才ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする