Facebookページをホームページ変わりに使うメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HP、SNSなどの相談を直接会って話したいけど、「ちょっと遠い」と躊躇している人、遠い、出かけられないなど、お会いできない場合は、ZOOMを使って(スマホ、タブレット、パソコンでインターネット回線を使うテレビ電話のような無料の仕組み)打ち合わせをしています。遠慮は無用だよ。連絡ください。



SNS初心者が情報の自立発信が出来るようにサポートをしているやさしいSNSコンサルのなおコン(@naocon_sendai)です。フォローしてね。



今回はFacebookページをホームページのように使いましょう、という提案です。

Facebookページは無料で使えるうえに、ホームページの役割もあり、SNSの特徴をいかして情報を拡散する機能もあります。

定期的にお知らせしたいことがあり、とりあえずFacebookに登録はしているけれども、SNSもホームページもよくわからない。だけど情報発信していこうと考えている人向けの内容です。

SNSやHPなどネットの情報を発信していくのに、

何をどう使ったらいいのかわからない。

種類がたくさんあってわからない。

わからないから進まない。

と足踏みしている人がいたら参考にしてください。


ホームページの特長

無料で作れるホームページもたくさんありますが、独自で運営しようとすると更新を含めたメンテナンスが案外面倒なことに気がつきます。

せっかく、苦労して作った作ったホームページを多くの人に知ってもらう仕組みがないと労力と時間が無駄になってしまいます。

ホームページは出来上がった後に知ってもらう仕組みを持つことが重要です。

出来上がったホームページを誰にでも見てほしいと考えるかもしれませんが、見てもらうのが目的ではなく実際にお店に足を運んだり、買い物をしてもらうことが最終目的です。

検索でどこの誰かわからないひとに見つけてもらうのを待つのは、銀河系に釣り糸を垂らしているようなものです。

名刺チラシ、その他SNSなどを利用して存在をお知らせしなければなりません。

来店時、会った時など、身近なひとに知ってもらった方が格段に見てくれます。

知っている人にお知らせして、サイトを見てもらうなど、運営の導線も作らなければなりません。

独自ドメインをとってサーバーを借りて、とお金をかける方法もありますが、今回は無料でできることが前提です。


Facebookページ(ビジネスアカウント)の特長

Facebookは、実名と顔が一致しているという特長があるSNSです。知っている人もしくは共通の友人との交流で成り立っています。

Facebookは登録ユーザーしかみることができませんが、Facebookページは登録していない人もみられるという特徴があります。

何かを検索した時にFacebookページが上位に表示されて閲覧したことがある、という人もいると思います。

Facebookページは複数人で管理することができます。

住所、電話番号、営業時間など固定の情報を登録・活用することができます。

コメントをもらうこともできるので、ホームページでいうところのお問い合わせ機能もあります。

アクセス解析をみることもできるので、今後運営していくヒントも得られます。

告知範囲を広げたい場合は、Facebook広告を出すことで対象となる人物像にアプローチすることができます。



Facebookページを作ろう




ブログの特徴を少し

ブログを始めるのも良いですが、書いているブログを知ってもらう手段があるかどうかは、ホームページと同じです。

ブログのコミュニティに参加して存在をアピールするという方法もありますが、知らない関係性からスタートして、お金を払ってもらうほどの信頼関係を得ることを考えると、道のりは遠い。。。

それなら、知っている人のいる輪の中(Facebook)に入って改めて自分が何をしているかを発信し、知ってもらった方が信頼関係はできているし、何よりも楽。





欲を言えば、独自ドメインでホームページを作り、個性がでるようなブログで人間味を出していくというのが理想ですが、そこまでの維持管理、手間を考えるとちょっと・・・というのが実際のところでしょう。

無理なく保有することができて、無理なく発信することができて、肝心の情報は発信することができるのがFacebookページです。



Facebookページを大いに活用して売り上げや来場促進につなげていく使い方もありますが、ゆるーく発信していきたい人にも向いています。

参考にしてみてください。





宮城県美術館の移転に反対しています。
慣れ親しんだ県美の存続のために活動をしています。
宮城県内外を問わず、賛同出来る人はご協力よろしくお願いします。
下記のリンク先でWEB署名を受け付けています。ここに至るまでの経緯も書いています。
前川國男が設計した宮城県美術館。 県民が愛する美術館の現地存続を求めます。
県の説明では不明な点が多いと感じています。詳しく知りたい人はTwitter、Facebookに情報を載せるのでフォローしてください。よろしくお願いします。
The following two tabs change content below.
SNS初心者が情報の自立発信が出来るようにサポートしています。ジャズフェス、ずんだ、支倉焼がある仙台が大好き! 個人個人が情報の発信力と的確に受けとる力をつけていくようにすることを目標にしています。仙台宮城の魅力を多くの人に知ってもらい、足を運んでも欲しいと願っています。 靴、帽子、革小物をこよなく愛し、かりんとうを発明した人は天才ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする