音楽に溢れる仙台で、アルパとバンドネオンのコンサートに行ってきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS初心者が情報の自立発信が出来るようにサポートをしているやさしいSNSコンサルのなおコン(@naocon_sendai)です。



仙台というまちは、つくづく音楽に溢れていますよ。今日は街なかでゴスペルフェスティバル。友達何人かもグループで参加していました。





そんな中、アルパとバンドネオンのコンサートに行ってきました。Facebookでも告知のお手伝いと言うほどでもないけどお知らせしていたので、もちろん行くしー。ファンだしー。



ブログ最後にバンドネオン教室のリンクがあります。

ぜひクリックしてみに行ってください。



バンドネオンと言えば、私、コンサーティーナって楽器弾いてるじゃないですかー。(知らないよね。笑)



蛇腹楽器の一つ、両手を押したり引いたりしながらオルガンみたいな音のする可愛いやつ。ブログの最後に演奏しているので、ぜひ最後までお読み下さい。

演奏人口がめちゃ少ない蛇腹楽器の親分みたいなバンドネオン、渡辺公章さんの演奏会は何度か足を運んでいて、今回は奥様の美和さんが奏でるアルパと共演するって言うから、いくよね。



行ってきた。演奏中に撮るようなヤボなことはしないので、写真はありません。

アルパもバンドネオンも見ればいいのに、わからないひとは想像してください。



ワインのワンドリンクサービスがありました 私はコーヒーいただきました





アルパは日本の裏側、パラグアイのハープなんだって。はじめて見て、初めて演奏聴きました。ピアノでいう所の白鍵しかないので、猫踏んじゃったとか問題外ですよ。

弦が37本ポロロン。

高音の右手は爪で弾いて(爪弱い人ダメだね、私ダメだわ)左手の中低音は指の腹で弾くんだって。

きっとギター弾きみたいに指先が硬くなっているのだと思います。



コンサーティーナも白鍵しかないので、弾ける曲が非常に限られています。

弾いてみたいと思って楽譜見ると♯とか♭とかついてるので、仕方なく転調して弾いてみると、全然違う雰囲気になってしまうので、大抵断念してます。

なんか、境遇が似ているような気がしてアルパ弾いてる美和さんに親近感持っちゃった。^^







そして、バンドネオンと言えば、アルゼンチンタンゴじゃないですかー。

アルゼンチンも日本の裏側。

アルパもバンドネオンも国内じゃ希少楽器。

しかもこのご夫婦は仙台在住の演奏家。

今日見ないでどうするんだ!!!って感じ。



そう、会場は建てられて100年くらい経ってる宮城県知事公館。

和洋折衷とは知事公館の為にあるような言葉で和洋が折衷しています。(説明になってない。笑)

かべのステンドグラスが可愛いです。

きになる人は自分で探しに行ってください。



明治23年に建てられたらしいよ知事公館



コンサートは実に素敵でした。

アルパとバンドネオンの相容れない楽器同士の演奏は、びっくりでした。

合うように楽譜を書いたと言っていたので、調整が大変だったろうと想像します。



渡辺さんの一番弟子という方との共演もありお弟子さんも嬉しそうでしたし、お弟子さんと一緒にステージに上がれる渡辺さんも嬉しそうでした。

見ている私たちも見守っている感じで、その曲の間はコンサートとは違う雰囲気でした。

共演したのはバンドネオンの代表曲の一つラ・クンパルシータ。

聴けば誰でもわかるヤツです。

最後に私のなんちゃって演奏動画があるのでお楽しみに。笑



気分もりあがって帰宅。

数ヶ月触っていなかったコンサーティーナを引っ張り出してみました。

大急ぎでラ・クンパルシータの楽譜をネットで探す。

「私でも弾けそうな気がする」という勘違いの勢いのあるうちにやっとかないと、「次弾く機会はいつなんだ!!」みたいな、そんな感じ。笑。



探してやっと見つけたけど案の定、ハ長調じゃないのでいつものように転調させて無理やり弾いみたら、まったく別の曲になってました。笑。

当たり前だ。

ここら辺の感覚は、楽器演奏やったことある人なら想像つくと思う。笑。



ということで、無理やりラ・クンパルシータ1分弱です。お付き合いください。











帰りには、いつもお世話になってるスタジオルーもコレクションに寄って11/23えしかるマルシェのチラシ置かせてもらってきた。

ヨーコさんありがとう^^。

11/23えしかるマルシェに遊びに来てね





「エシカル」をざっくりと説明します。倫理的道徳的と言う意味で、フェアトレード(公正な取引)、エコ、地産地消などもエシカル(ethical)に含まれます。

食品トレーとか無かった時代を知っているみなさん、小さい頃は天秤ばかりで買い物した記憶あるでしょ。あの頃はゴミが少なかった。特にプラごみ。海洋汚染、温暖化、異常気象の大元は人間の生活があまりにも横柄しているのではないですか?っていう私含めて問いかけの時代ですよ。

ってんで、福幸食堂えしかるでは「ちょっとそこら辺を考えてみようかねぇ」ということで、作った人の見えるマルシェを企画開催することにしました。

お米、醤油の量り売りやります!→タッパーやビンなど入れ物持ってきてね。

詳しくは後日。



それにしてもパンダバッグ可愛いじゃん。自画自賛。笑。


バンドネオン教室 in 仙台http://tangoaliento.com/

The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする