スパルタ・エクスマ温泉合宿2日目は、さくらちゃんコーディネートの東伊豆大人の一人旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS初心者が情報の自立発信が出来るようにサポートをしているやさしいSNSコンサルのなおコン(@naocon_sendai)です。



小森輝代さん(さくらちゃん)とのスパルタ・エクスマ温泉合宿2日目は、さくらちゃんコーディネートの東伊豆大人の一人旅。はじまりー。


伊豆満喫フリーきっぷ

今回利用したのは、富嶽はなぶさ(期間限定の特別客室割引キャンペーン十手中)のロビーに置いてあった”伊豆箱根オレンジ割引マップ”と、さくらちゃんが提案してくれた伊豆満喫フリーきっぷ

お得なきっぷで東伊豆エリア~下田エリアを満喫しましょう!
伊東駅~伊豆急下田駅まで、伊豆急行線が“乗り降り自由”なフリーきっぷ です。



熱海→下田までは、一本の線路なんだけど、熱海→伊東はJRの管轄、伊東→下田は伊豆急の管轄ということでw、一旦伊東で降りて満喫きっぷを購入。

伊豆満喫フリーきっぷは、みどりの窓口で現金でしか買えないので要注意です。券売機に並んでたけど該当するきっぷは見当たらないし「伊豆急は現金で・・・」と表示あったけど、不慣れな観光客(すくなくとも私)にはイマイチわかりにくかった。

伊東はとにかく外国人観光客がたくさんいました!みどりの窓口も外国人観光客がずーっと接客を受けていて(お互いの会話が通じてなかったみたい)、予定していた電車に乗れず。。。のんびりした旅だから良いけどいつものせっかちな私なら大分イラっとしたと思う。(旅の時くらいはのんびりしたいーー。笑)



富嶽はなぶさと杉山酒店は、修善寺と三島の中間あたり

富嶽はなぶさと杉山酒店は、修善寺と三島の中間あたり




下田でペリーさんこんぬづは

フリーきっぷで乗車して、まずはまっしぐらに下田駅へ。下田駅に降りた途端、暖簾がお出迎えです。ペリー総督がやってきて鎖国の日本と初めて貿易が始まったって教科書に載ってた下田ですよ。

駅前に下田ガイドマップがあったのですかさずもらいました。時間も限られつつ全行程歩いてまわったけど、駅前にあるレンタルサイクルを利用しても良いと思います。



東伊豆 伊豆急下田へかっこいいひとり旅





天気が良くて暑いせいもあり、日中に出歩いているのは観光客ばかりでした。

まずは開国を知ろうと思い、開国博物館へ。下田駅から徒歩10分少々。歩いてみてわかったのは下田は”蔵”の町ということ。貿易をしていたから保存のための蔵が多いのかな、と勝手におもったので、詳しく知りたい人は自分で調べてください。



蔵の街なんだね
電話ボックスも蔵
観光案内所も蔵
歩道の模様も蔵
郵便局も蔵





「開国記念博物館」(”伊豆箱根オレンジ割引マップ”を使って入館料100円引き)は、館内撮影不可でした。蝋人形博物館みたいになってて(たまたま一緒に入った人がいたからよかったけど、私はちょっびびった)開国当時が再現されていました。蔵の中に展示してあるので、展示の仕方が独特でした。特に吉田松陰のことを詳しく解説していました。牢屋の再現もビビりました。

開国のころに興味ある人はぜひ足をお運びください。お酒とかを売っている商店が経営している博物館なので展示を見終えると必然的にお土産屋に誘導されるという、非常に合理的な経営をしています。個人所有であれほどまでに書物や蝋人形が保存保有されているのは貴重です。蔵の手入れも大変だべなぁ。



歩いていて思ったのが消火栓の多さ。

海の街 ちょっと高くなってる





消火栓は仙台と違って地面に埋まっていないで、すっくと立ってました。10cmくらい浮いてるし。一般住宅も玄関口まで段差があるので、津波対策かな、と思ったらやっぱりそうでした。駅前にでっかい避難経路の表示と、スーパーの出入り口にも、海抜○mと書いていました。

震災後には仙台の沿岸部にも避難棟ができたので、ちょっと敏感になっているのかもしれません。でも、対策は大切だよ。

下田は外国人観光客も多いのでピクトグラムやイラストを使った対応が必須だと思います。頼もしい。



違う土地に来たら楽しみといえばマンホールですよね。マンホール好きにはたまらない。すかさず撮るよね。予想を裏切らずペリー総督の乗ってきた外国船でした。カラーのもあったけど敢えて色無しで。

「ペリーロード」につながる橋にはタイルが埋められていました。下ばっかり見て歩いてるわけじゃないけど、下見て歩いていました。

黒船

黒船



蔵の町なので、開国記念館から「ペリーロード」までの歩道にも蔵の白い模様が書いてありました。

「ペリーロード」の表示出てたけど、人んちの中庭を通るような細い裏道だったので「こんな道絶対違う!」と思って一本違う通り歩いたんだよね。あー残念、残念。

ペリーロードは小学生の頃こっそり通り抜けた(私だけか?)人んちの中庭みたいな細い道です。行く人は、思い切って堂々と通ってください。公道なので安心して良いよ。



なおコンぬづわペリーさん。誰か鳥のフン拭いてください。

ペリー提督こんぬづわ

ペリー提督こんぬづわ





「ペリー艦隊来航記念碑」と記念撮影です。錨も鎮座していました。目線の先には、国旗掲揚みたいな棒が立ってて、ペリーさんはその棒先を臨んでいるようでした。

せっかくなので「開国バーガー」なるものをお昼にいただこうとお店を探したところ、「もう歩くのやんだ(いやになったわ)」ってなるくらい足が疲れていたので「レンタルサイクル借りればよかったじゃん!」でも「ペリーさんと同じ道歩いてみたいって思ったの誰だよ」「わたしだよ」みたいな心の中で1人2役の会話を交わしたのち、いっそのこと駅前イオンのイートインコーナーに「下田バーガー」あるってネットに口コミ見つけたから重い足を引きずってどこにでもあるイオンの店内うろついたのにイートインコーナーも〇〇バーガーらしき看板も見当たらず「電車のって次の目的地に行こ」ってなったのでした。

正確には「開国バーガー」ではなく「下田バーガー」と言うようです。下田は金目鯛の宝庫で金目鯛のバーガーが有名らしいです。サクッと揚げたて金目鯛。いいよね。

お昼ご飯は、下田駅構内のどこにでもある駅のキオスクでどこにでも売ってるパンを買って上りの電車の中でいただきました。疲れてたからね。何食べても美味い。


金目鯛号「キンメトレイン」

熱海方面への電車は偶然にも金目鯛号「キンメトレイン」でした。シャアが乗っていそうな真っ赤な車体に全席予約かと思ったら全席自由。自由に座りました。車内は海側のシートは海向きに設置されていて、島が見えてくると車掌さんの観光アナウンスが流れます。普通料金なのにグリーン車にのった気分になれます。



伊豆急行リゾート21「キンメ電車」



ほーら、かわいいでしょ。

詳しくは鉄道新聞に掲載されています。伊豆急行リゾート21「キンメ電車」

せっかく高級電車に乗ったので熱海まで乗りたいところだけど、私が買ったのは「伊豆満喫フリーきっぷ」。下田だけを満喫したのは「伊豆満喫」とは言えない。伊豆を満喫するために伊豆高原駅で下車しました。キンメトレインさようなら。。。

伊豆高原でアイス

伊豆高原駅は、高原の名の通り高級感あふれるリゾート臭がプンプンします。那須高原に行った時と同じ空気感でした。

リゾートに徒歩は似合わない。高原に徒歩は似合わない。けど徒歩しか手段がないので、アップダウンの激しい高原の道路を車に追い抜かされながら歩いてアイスを食べに行きました。

目的地は、”伊豆箱根オレンジ割引マップ”に掲載されている「ケニーズハウスカフェ伊豆高原本店」。揚げパンにアイスクリームを挟んだ揚げパンソフトとコーヒーを注文し、2点で939円。普段なら絶対使わないような消費をしてしまう。旅は人を狂わせるよね。30円割引だったのに慣れないPayPayで支払いをしていたら割引券見せるの忘れてた。PayPayで28円バック。こんなもんだよね。

揚げパンソフトはツイッターを




そんなこんなで、熱海行きの電車時間に合わせてお店を後にする。最近おおくなってきた景観を損ねない人工物。看板、電柱、ガードレールなどが茶色(マンセル色相表示10YR系)でした。

バブルの頃は目立ってナンボというお下品でオゲレツな看板が多かったのでこのような配慮を見ると多少ホッとしますよね。

マンセル色相表示10YR系の色彩を基本とし、 景観エリアで指定した山間地景観区間についてはダークブラウン

マンセル色相表示10YR系の色彩を基本とし、 景観エリアで指定した山間地景観区間についてはダークブラウン



さくらちゃんが「今年は彼岸花がまだ咲かない」と言っていたけど高原には咲いていました。なかなか暑さが抜けない。温暖化の危機を植物で感じる。



伊豆高原駅前には足湯があります。知らない人同士お湯に足を突っ込んで「この人も足疲れているのかなー」ってお互いの腹の中を探り合ったような奇妙な時間でした。



伊豆高原駅はけっこう大きくてジオラマが常設されていました。伊豆半島は地殻がおもしろいらしく(富士山のふもとだから色々ありそう)時間があったら伊東半島ジオパーク行ってみたいと思います。

直径70cmくらいある自然が作った丸い岩「かんのん浜ポットホール」があるので、タモさんじゃなくても語りたくなるようなスポットなはずです。
「かんのん浜ポットホール」までの過酷な道のりから動くポットホールがみられるまでを紹介しているサイトがあるので時間の許す方はみてください。自然はすごいねぇ。

伊東、熱海、

伊豆高原駅から伊東→熱海までは普通の電車でした。山側のシートが海の方に向いているので伊豆急の海を愛する気持ちが現れているようでした。(勝手に思ったので詳しく知りたいひとは自分で調べてください)

熱海から東京までのんびりを満喫。東北新幹線で一路仙台へ・・・。


アデュー伊豆、東伊豆

さくらちゃんとのスパルタ・エクスマ温泉合宿2日目は、さくらちゃんコーディネートの東伊豆大人の一人旅でしたが、非常に満喫満足でした。

大人じゃなくても東伊豆いってっみて。

さくらちゃんありがとう!!





富士山の中腹は何度も見たので(要するに曇ってた)次回はてっぺんの方を見たいですね、フジさん。

The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする