ホッと一杯えしかるのフェアトレードコーヒー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福幸食堂えしかるで提供しているコーヒーを、3月初旬あたりからフェアトレード豆に切り替えました。厨房番長のmikiちゃんのお友だち焙煎屋Nel Press Coffeeのさいとうさんが、

「えしかるにはコレ!!」と特別に選んでくれた豆をお店でひいて出してます。



伝えたいこといくつか

・コロンビア産:ゲリラ紛争に巻き込まれた土地だけどコーヒー栽培で経済や文化を復興させようとしていること

・フェアトレード:上のような理由でフェアなトレードをしているたしかなコーヒー豆

・土地:もともと標高が高く水に恵まれた土地で栽培されていること

・焙煎方法:手廻し焙煎機で丁寧に煎りあげる

・コーヒー豆:極深煎り豆 の「黒極み」

・味わい:豊かなコクとほのかな甘み、深い余韻を愉しめる

・提供しているのは:Nel Press Coffeeのさいとうさん



ね、ツウ好みの人にはバッチリ!

私みたいに「コーヒーは毎日欠かさず飲むけどあまりこだわりない」という人にも喜んで飲んでもらえるようにPOPつけました。



フェアトレードコーヒー1杯200円



一番最初につけたのがこれ。商品名と価格しか書いてなくて価値が伝わってない。無い無い尽くしで申し訳ない程度の案内しか書いてないので、時間のあるときこの前しっかり作りました。



持っててよかったPOP道具





座っている遠い席からでも見えるようにカウンターの高い位置に、

・コロンビアの地図
・豆を作るに至った社会的背景(ゲリラ紛争地からの復興)
・コロンビアの国旗(黄・青・赤)

『ホッとひといき小さな社会貢献。』



飲んで「美味しい♪」の他にちょっとでも意味を感じ取ってくれたらいいなぁ。

煮詰まって味が落ちないようにポットにいれてます



カウンターの壁面いは、豆を挽いている香りに誘われて鼻クンクン。



今日も、4人組でいらした方に「あらいいわね」ってご注文いただきました。

無料でお出ししている日本茶があるので、「飲み物お茶でいいわ」あるいは「水でじゅうぶん」という人がほとんど。

お昼休みを利用する忙しいお客さんが多いけど、たまにはちょっと余裕がある時にホッと一息ついてくれたらなぁ。

The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。