ホッと一杯えしかるのフェアトレードコーヒー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福幸食堂えしかるで提供しているコーヒーを、3月初旬あたりからフェアトレード豆に切り替えました。厨房番長のmikiちゃんのお友だち焙煎屋Nel Press Coffeeのさいとうさんが、

「えしかるにはコレ!!」と特別に選んでくれた豆をお店でひいて出してます。



伝えたいこといくつか

・コロンビア産:ゲリラ紛争に巻き込まれた土地だけどコーヒー栽培で経済や文化を復興させようとしていること

・フェアトレード:上のような理由でフェアなトレードをしているたしかなコーヒー豆

・土地:もともと標高が高く水に恵まれた土地で栽培されていること

・焙煎方法:手廻し焙煎機で丁寧に煎りあげる

・コーヒー豆:極深煎り豆 の「黒極み」

・味わい:豊かなコクとほのかな甘み、深い余韻を愉しめる

・提供しているのは:Nel Press Coffeeのさいとうさん



ね、ツウ好みの人にはバッチリ!

私みたいに「コーヒーは毎日欠かさず飲むけどあまりこだわりない」という人にも喜んで飲んでもらえるようにPOPつけました。



フェアトレードコーヒー1杯200円



一番最初につけたのがこれ。商品名と価格しか書いてなくて価値が伝わってない。無い無い尽くしで申し訳ない程度の案内しか書いてないので、時間のあるときこの前しっかり作りました。



持っててよかったPOP道具





座っている遠い席からでも見えるようにカウンターの高い位置に、

・コロンビアの地図
・豆を作るに至った社会的背景(ゲリラ紛争地からの復興)
・コロンビアの国旗(黄・青・赤)

『ホッとひといき小さな社会貢献。』



飲んで「美味しい♪」の他にちょっとでも意味を感じ取ってくれたらいいなぁ。

煮詰まって味が落ちないようにポットにいれてます



カウンターの壁面いは、豆を挽いている香りに誘われて鼻クンクン。



今日も、4人組でいらした方に「あらいいわね」ってご注文いただきました。

無料でお出ししている日本茶があるので、「飲み物お茶でいいわ」あるいは「水でじゅうぶん」という人がほとんど。

お昼休みを利用する忙しいお客さんが多いけど、たまにはちょっと余裕がある時にホッと一息ついてくれたらなぁ。





宮城県美術館の移転に反対しています。
慣れ親しんだ県美の存続のために活動をしています。
宮城県内外を問わず、賛同出来る人はご協力よろしくお願いします。
下記のリンク先でWEB署名を受け付けています。ここに至るまでの経緯も書いています。
前川國男が設計した宮城県美術館。 県民が愛する美術館の現地存続を求めます。
県の説明では不明な点が多いと感じています。詳しく知りたい人はTwitter、Facebookに情報を載せるのでフォローしてください。よろしくお願いします。
The following two tabs change content below.
SNS初心者が情報の自立発信が出来るようにサポートしています。ジャズフェス、ずんだ、支倉焼がある仙台が大好き! 個人個人が情報の発信力と的確に受けとる力をつけていくようにすることを目標にしています。仙台宮城の魅力を多くの人に知ってもらい、足を運んでも欲しいと願っています。 靴、帽子、革小物をこよなく愛し、かりんとうを発明した人は天才ですよ!