美味しそうには見えない時は別の視点で伝える工夫を

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すごーく美味しく食べたのに、あとから写真見たら「あれ?」と思うことはありませんか。一般的に食べ物は赤や黄色が強いと美味しく感じます。

今日のお昼は某ホテルでランチ会&カフェのイベントに参加してきました。箸をつける前に撮ったら全然美味しそうに見えない・・・







ふと見上げると天井の証明が幻想的なブルーでした。お弁当箱の黒に青い光が反射しているのがわかります。当然白いご飯にも青が反射しているわけです。

逆光にならないようにと、光の位置を確認する人も多いと思います。真上から光が当たるとまつげの影が写って顔全体が暗くなる場合があります。顔の周りに白を持ってくると明るくなる、というのは誰でも知っているでしょう。





写真は佐藤 志保子さんのをお借りしました。

撮ってみたものの、やっぱりなんとなく美味しそうには見えない。加工するのは諦めて別の視点で食の雰囲気を伝えることにしました。





これで伝わったかどうかわかんないけど。笑



「なおちゃんなら加工すればなんとかなると思ってた」とありがたいコト言ってくれましたが、写ってないものを加工しても出てこないし、元が良くないと加工は難しい。

加工すればするほど現物からかけ離れていくというのが、経験上感じている。ので、やるなら思い切ってパステル系の色にしてみるとか、水彩画風にしてみるとか、「元はなんだっけ?」くらいが良いと思います。







白いご飯がタクアンご飯になりました。模型みたいにも見える。年季の入ったサンプル品にも見える。かも。



まとめ。

一般的に食べ物は赤系に加工すると美味しそうに見える。

光源が何色か確認する。

光のさす位置を確認する。

加工の限界と可能性を考えてみる。



写真撮ることや加工することに集中してて「何を食べたのか全然覚えてない」ということは避けたい。その場を楽しむことに専念するのが伝わるコツ!

美味しく食べよう。楽しもう。

The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする