「許せないという病」羨望はやっかいだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は比較的心おだやかな人種だと思っていますが、世の中にはそうではない人もたくさんいて、そういう人とは波長が合わないので、こういう本が人気だったりする。



理不尽に否定された経験からなぜあの人はそこまで人のことを無下にできるのか?私なりに分析したり相談したりしてみた結果、私なりに一定の答えはでた。

しかしながらやはり否定されるのは喜ばしいことではないし、そいつがのうのうとして私がしょんぼりしている図式というのは望ましくない。

というわけで次に読んだのがこの本。







いつまでもそのことを気にしている私が「許せないという病」に罹っているのか、はたまたその人が「許せないという病」に罹っているので私が被害を受けたのか?

私の見解は当然ながらその人が病んでいる、ということになる。



たぶん、私は多くを持っていてその人は多くをもっていない。そういう状況が非常に面白くなかったのでしょうね。

その人がなぜそのような行動に出たのかは、本人自信に聞いてみないとわからないのだが多分本人は理解していない。

わたしに対して非常に親切心を持って論破してきたが、あきらかに本筋がずれている。

そのことを指摘すると、地底に潜むマグマのごとく怒り心頭に発しそうな気がしたので、そういう時は冷静にスルーするに限る。そういう私の態度がまた面白くなかったのでしょうね。



だいたいにして、借りた金は忘れるが、貸した金は忘れない。これに似ている。

怒りをあらわにした方は忘れるが、怒りを被った方は忘れない。

なんせ相手は「許せないという病」なのだから本気で気にやむ必要はない。風邪をひいたことをいちいち覚えていないのと一緒なのだから。





宮城県美術館の移転に反対しています。
慣れ親しんだ県美の存続のために活動をしています。
宮城県内外を問わず、賛同出来る人はご協力よろしくお願いします。
下記のリンク先でWEB署名を受け付けています。ここに至るまでの経緯も書いています。
前川國男が設計した宮城県美術館。 県民が愛する美術館の現地存続を求めます。
県の説明では不明な点が多いと感じています。詳しく知りたい人はTwitter、Facebookに情報を載せるのでフォローしてください。よろしくお願いします。
The following two tabs change content below.
SNS初心者が情報の自立発信が出来るようにサポートしています。ジャズフェス、ずんだ、支倉焼がある仙台が大好き! 個人個人が情報の発信力と的確に受けとる力をつけていくようにすることを目標にしています。仙台宮城の魅力を多くの人に知ってもらい、足を運んでも欲しいと願っています。 靴、帽子、革小物をこよなく愛し、かりんとうを発明した人は天才ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする