感情的になる人と、すみませんでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風なので(特に意味はない)、生姜の甘酢漬け(ガリ)作ったら(刻んで混ぜるだけ)、天才的に美味くて(誰でも作れる)、いま口の中100%ガリ。

さて、そんな大雨吹き荒れる朝(思ったより大したことなかった)、整形外科に行ってきた。

待合室にいるあいだ読んでいたのがこの本。

片田珠美さん著「すぐ感情的になる人」



テレビを見ても新聞見てもネットニュース見ても、

「ゴラァ!!」

怒鳴った数日後

「すみませんでした。」

この繰り返し。なんなんでしょうね。

中には謝らない人もいるけど。

精神科医の分析する様々な怒りの原因、種類と対処法。

なかなか興味深い。



読み始めたのは、私の理不尽な体験から。

あなたに全く迷惑かけていないのに、なぜそんなに、あなたに責め(攻め)られなければならないのか。

あなたにも人を責めなければならない理由があるのですね。

でも、私迷惑だから。



レントゲン台に乗って技師さんに

吸って

吐いて

止めて

言われるがまま動く自分を真上から見たら、まな板の鯉だよなー、って思って、私を散々責めたあの人も技師さんに言われたらきっと素直に従うに違いない。なーんて思ったりして。

待合室にいたパンダちゃんとカッパくん



さてと、懸念した程驚くような診断結果じゃなくて一安心。

そのまま隣の建物の薬局に流れて、目の前に提示された大量の湿布。

「肌弱くてほとんど貼らないからいらない」

と薬剤師さんに掛け合ってる私は怒ってないよね?とふと我に帰る。

半分に減らしてもらった湿布をバッグに突っ込んで「お手数おかけしました」と外に出たら、さっきよりも大雨。

だって台風だから。怒るものではない。



晴耕雨読?なんだかゼイタクっぽいぞー♪♪

それにしてもその本、図書館のですよね?返却期限はとうに過ぎてますよ。はい。慌てて返しますので。

「すみませんでした。」





宮城県美術館の移転、取り壊しに反対しています。
慣れ親しんだ県美の存続のために署名活動をしています。
宮城県内外を問わず、賛同出来る人はご協力よろしくお願いします。
下記のリンク先でWEB署名を受け付けています。ここに至るまでの経緯も書いています。
前川國男が設計した宮城県美術館。 県民が愛する美術館の現地存続を求めます。
県の説明では不明な点が多いと感じています。詳しく知りたい人はTwitter、Facebookに情報を載せるのでフォローしてください。よろしくお願いします。
The following two tabs change content below.
SNS初心者が情報の自立発信が出来るようにサポートしています。ジャズフェス、ずんだ、支倉焼がある仙台が大好き! 個人個人が情報の発信力と的確に受けとる力をつけていくようにすることを目標にしています。仙台宮城の魅力を多くの人に知ってもらい、足を運んでも欲しいと願っています。 靴、帽子、革小物をこよなく愛し、かりんとうを発明した人は天才ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする