ご飯のおかずに餅は合わない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

室井滋さんのエッセイが結構ツボにはまって、忘れた頃に読みたくなる。テンポ良い話の運びと女優なのにそこまで晒していいんかい?というすっぴんな感じたがまらない。なおコン(@satodw)です。



6週間借りてても読み終えられなかった村上春樹訳ロング・グッドバイの挫折から立ち直るにいは、室井さんのサクッとした書きっぷりがちょうどいい。

地元の富山県が大好きなことは、何度も何度も登場することでわかる。

東北に住む私には聞きなれない言葉もしばしば登場する。

「頼むちゃ」「おられましたちゃ」

人情味が熱く、涙もろくて感動してはしょっちゅう物陰でこっそり涙ぐんでいる。

なぜ室井さんの周りには面白い事件が多いのだろうか。

室井さんの見る切り口が日常を面白くさせているのだろう。

飾らない室井さんの人柄が私は好きだ。

私みたいに読了しきれず小さな挫折感を抱いて入る人にはもってこいだ。もっていけ。

03年〜07年ころまでのエッセイ 時代をちょっと感じさせてくれるのがまたいい







さて。室井さんほどドラマチックな事が日々あるわけではないが、夕飯にお餅を揚げた。

何を血迷ったかご飯のおかずに揚げ餅。

コメ+コメ=コメコメ

チャーハンラーメン定食よりも強力だ。

あ、かき揚げも作ったからかき揚げ丼にして食べたよ。ご心配なく。

しかも餅同士がフライパンの中でねっぱって巨大化してしまった。

油をケチったのがいけなかったのか、もっと小さく切ればよかったのか、どっちにしても餅は餅。

ご飯のおかずには非常にヘヴィーだということがよくわかった。

こーゆー可笑しさは撮らずにはいられまい^^



自作したのだから誰を責めるわけでもなく、無理やり食べたらちょっとムカツク。



そういえば、看護師さんが入院患者に向かって

「気分悪いところはありませんか?」と尋ねたところ

「入院してるのがムカツクぜ」と悪態をついた笑い話をきいたことがあって、私は揚げ餅にムカついててさっき新ビオフェルミンS飲んだ。

明日の朝にはスッキリしていてください。



明日は、宮城県出身の彫刻家、佐藤忠良さん著つぶれた帽子を読む予定。

忠良さんといえば、仙台市のすすめる 彫刻のあるまちづくり の第一号が台原森林公園内(作品名「緑の風」)にありますね。

宮城県美術館の佐藤忠良記念館いこうかと思ったら改修工事で4月15日までお休みだってさ。




次の案内をおまちくっださーい♪


伝える力つけて私と一緒に素敵な人生に変えようよ。
【メルマガ登録お待ちしています♪】
『もっと楽しく♪伝えるあれこれ』
身の回りで起きる体験を通してワクワクする
きっかけ作りのヒントをお伝えしています。
お申し込みはこちら

□お問合せご予約□
なおコンサルティング 佐藤奈緒子
contact@naocon.com





宮城県美術館の移転に反対しています。
慣れ親しんだ県美の存続のために活動をしています。
宮城県内外を問わず、賛同出来る人はご協力よろしくお願いします。
下記のリンク先でWEB署名を受け付けています。ここに至るまでの経緯も書いています。
前川國男が設計した宮城県美術館。 県民が愛する美術館の現地存続を求めます。
県の説明では不明な点が多いと感じています。詳しく知りたい人はTwitter、Facebookに情報を載せるのでフォローしてください。よろしくお願いします。
The following two tabs change content below.
SNS初心者が情報の自立発信が出来るようにサポートしています。ジャズフェス、ずんだ、支倉焼がある仙台が大好き! 個人個人が情報の発信力と的確に受けとる力をつけていくようにすることを目標にしています。仙台宮城の魅力を多くの人に知ってもらい、足を運んでも欲しいと願っています。 靴、帽子、革小物をこよなく愛し、かりんとうを発明した人は天才ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする