あなたである必要はない。あなただから頼みたい。ってどんなコト?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

違和感は成長のチャンス!心地よいのはいつもと同じ、変化が無い証拠。と、ニコニコしながら先日ボスが語っておりました。「ホントだー」単純なわたしはスグ感激してスグ実行する前にスグ忘れる。。。なおコン(@satodw)です。







違和感といえば、このまえ車業界の人と話をしました。

私は車のない生活をして約10年。

その業界にはとんと疎い。



「自動運転ってどうなんですか?」



「完全な自動運転が今すぐ出来るわけじゃ無いけど、ある程度はそういう日がちかぢかくるんじゃないのかなー」って。



状況は刻一刻変わるから、瞬時の対応ってのはやはり人間にしかできない分野なんだって。

ちょっと安心した。



自動運転が現実化すれば運転手といわれる職が危ぶまれる。

想像つかないけど。

便利ってのは人を脅かす存在なのだろうか?と思う。

IMG_1321







違和感といえば、このまえスーパーで買い物をしたときのこと。

レジ係りの人がバーコード通した後に「こちらに」と指差した先にはお金の投入口。

買い物の合計金額を言うわけでもなく、買った物を袋に入れるわけでもなく、レジ係りの人がとった行動は商品のバーコードを読んだだけ。

客の私は投入口にお金入れて、お釣りとレシートをレジ機の皿から受け取る。

買った商品はコンベアみたいので流れて数歩先の台の上。

レジ係の30代と思しき女性は所在無げにレジの前に立ち続ける。



私は「レジ係はこの人である必要性が全く無い」と思いました。

下手したら小学生でも、90歳過ぎのお年寄りでも出来る。

「誰でもいいんじゃないか」って。

良く言えば、何かしらの事情があって社会参画しにくい人(お釣りの計算しなくていいし、立ち仕事でもなく、愛想も要らないかもしれない)でも出来る内容だよ、って思った。



そのうち買い物してもレジを通らずに出入り口のセンサーで一瞬で会計してカード決算、なんてのも実現化するんでしょうね。





私が今「仕事」と思って仕事している事は、機械化されるのだろうか?

文章を書くことさえ、コンピューターが上手にこなしてしまうらしいし。

私の特徴を捉えて「疲れたから今日のブログはコンピューターに任せよう♪」

そうすれば、毎日自動更新できるし、facebookにも自動投稿してくれる。

そのうちコメントとか、リアルなコミュニケーションさえも自動でやってくれるようになる。

やったー!!!楽チン楽チン



と、喜んだのもつかの間。

実際に顔を合わせた時に話題が噛み合わない、という事態が発生する。

「あの時 ・・・ってコメントくれたよね、あれさ…」

「??? えーーーっと、なんて書いたんだっけ?(焦る)」



人と人とのコミュニケーションをコンピューターに任せるようになったら、なんかいいコトあるのかな。



コンピューターが「この人である必要性が全く無い」世界を作るなら、その反対をしていけば「あなただから頼みたい」自分の世界を作れるんじゃないかって思う。

あなたは周りの人のためにどんなコトができますか?

あなたの周りの人にどんなコトをしたら喜んでもらえますか?

あなたはどんなコトができるのか。





★アメブロカスタマイズで自分らしさを出す
★捨てられない名刺を作ろう
★捨てられないチラシを作ろう
★ワードプレスであなたのファンを作る

【メルマガ登録お待ちしています♪】
『もっと楽チン♪パソコン集客あれこれ』
集客に関する実践・実験が赤裸々メルマガ。
お申し込みはこちら
□お問合せご予約□
なおコンサルティング 佐藤奈緒子
contact@naocon.com






宮城県美術館の移転に反対しています。
慣れ親しんだ県美の存続のために活動をしています。
宮城県内外を問わず、賛同出来る人はご協力よろしくお願いします。
下記のリンク先でWEB署名を受け付けています。ここに至るまでの経緯も書いています。
前川國男が設計した宮城県美術館。 県民が愛する美術館の現地存続を求めます。
県の説明では不明な点が多いと感じています。詳しく知りたい人はTwitter、Facebookに情報を載せるのでフォローしてください。よろしくお願いします。
The following two tabs change content below.
SNS初心者が情報の自立発信が出来るようにサポートしています。ジャズフェス、ずんだ、支倉焼がある仙台が大好き! 個人個人が情報の発信力と的確に受けとる力をつけていくようにすることを目標にしています。仙台宮城の魅力を多くの人に知ってもらい、足を運んでも欲しいと願っています。 靴、帽子、革小物をこよなく愛し、かりんとうを発明した人は天才ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする