• このエントリーをはてなブックマークに追加

一見親切そうなフリ、「それホント?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きゃーかわいいっ!って喜ぶよりも、あー使える!って喜ぶ、どちらかというと現実的思考のなおコン(@satodw)です。





ということで、年が変わったのでカレンダーも新しくなりましたね。

見て見てカワイイっ!きゃー!というタイプよりも、書き込みできる方が使えるよね、ってタイプです。



ところが。

今年というか(カレンダーは年末のご挨拶なので)昨年末にチョイスしたカレンダーは明らかに違う箇所が気になる。

綺麗な写真に目がいって仕方がない。

例えばこういうの。

コニカミノルタの





世界遺産になるような、いわゆるインスタ映えのするような(そういえば近年のPCの壁紙も格段に魅力的になったよね)世界の素晴らしい風景や景色の写真。

カメラ初心者の私には、どんな技術で撮ったのか、気になって仕方がない。

あわよくば私も撮ってみたいものだ。はっはっは。

こういう所にいって撮影できるのは、写真家冥利につきるだろうし、カレンダーになれば多くの人の目につくし。などと妄想が暴走。



カレンダー写真家が稼ぎがいいとかそうじゃないとか、ここではそういう論点ではないので、反論あってもなくてもスルー。



一緒に見てた友達と「いつか行って見たいね」と撮影地を見たら、コニカミノルタのには書いてありました。

上の写真のキャプションは『ヒゲペンギンとジェンツーペンギン タンゴ島 南極』

その他に『ガラパゴスシーライオンとサレマの群 ガラパゴス諸島 エクアドル』とか、書いてある。



ところが、気に入ったもう一方のには書いていない。

なにも書いていないかわりに表紙のすみに小さくQRコードが印刷してあった。

もしかして撮影地や写真家さんについて詳しく書いているのかも。さっそく読み込むと・・・企業のアンケートサイト。



アンケート



Q1.部屋に飾ってどう思うか

Q2.日付についてどう思うか

Q3.製作アイデアについて…

Q4.このカレンダーが…




自社製品とカレンダーがイメージにあっているかどうかを、設問形式で答えていく。





自社製品についてどう思っているかの一方的な質問が並ぶ。

全2ページ。全部必須で答えて行ったその先に、何か特典あるのかもしれないが。

わざわざQR読ませておいて、こっちのメリットが見えてこない。

世界の某自動車会社なので、何の疑いもなくアンケートに答えるファンは世界中にいるでしょうけれども。

あ、私が期待し過ぎですかね。





たとえば、会話。

キャッチボールし易いようにやりとりが続くような工夫する人と、

自分の言いたいことだけ言って、相手の言いたいこと聞きたいこと、聞き入れる余地なしの人と。



たとえば、ショッピング。一見親切そうなフリして

・新商品が入りました
・流行のお色です
・お似合いですよ
・一点物です
・ぴったりですね

とかあなたのために、みたいに言ってて、ホントかよ?って。



たとえば、ブログ。

たとえば、SNSの投稿。

たとえば、・・・。



自分の言いたいことだけ言って、いませんか。

相手の知りたいようなこと、応えていますか。



同じように魅力的な写真のカレンダー二つをめの前にして、私ならどっちの企業が好きか?



ちなみに数字の部分切り落としてしまって壁掛け写真集。毎月変わるよ。たのしみだなぁ。

カレンダーのデザイナーさんごめんなさい








次の案内をおまちくっださーい♪


伝える力つけて私と一緒に素敵な人生に変えようよ。
【メルマガ登録お待ちしています♪】
『もっと楽しく♪伝えるあれこれ』
身の回りで起きる体験を通してワクワクする
きっかけ作りのヒントをお伝えしています。
お申し込みはこちら

□お問合せご予約□
なおコンサルティング 佐藤奈緒子
contact@naocon.com

The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加