• このエントリーをはてなブックマークに追加

アメブロの文字制限に引っかかって思うように投稿できません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰に宛てて書いているのか?誰に読んで欲しいと思って書いているのか?ここしばらくこのことを忘れて書いていました!なおコン(@satodw)です。





最近アメブロの文字制限に引っかかっている、あの人の役に立てたらいいな、と思って書きます。



私は5年近くアメブロを使って毎日ブログを書いていたので、アメブロの良さもわかるし改善して欲しいこともわかります。

文字制限で引っかかって、書きたいことが書けなくてストレスを抱えているあなた!

せっかく文章組み立てて、写真も順番通りに並べて、いろいろ体裁整えたのに、公開できない悔しさと言ったら悔やんでも悔やみきれない。

あれこれ修正かけて、いざ公開!のはずが、公開できずに後悔、みたいな。



私は「タグ編集エディタ」を使っていて、文字そのものを一旦メモ帳か何かに保存しておいて、投稿しなおす方法をとって回避していました。

もしくは、「htmlを全部見直して投稿する」という、ある程度専門的な知識がないと使えない手段をとっていました。



原因はアメブロ独特の文字装飾にかかってくる要素。



例えば、12月27日のブログ記事から一部抜粋




すごい雪の中、駆けつけてくれた二人の受講者さん、私もやる気満々です!!!

という、36文字と写真一枚。



まずは36文字にどんな仕掛けがなされているのかというと、下の命令文が書いてあって

<p style=”background-color: rgb(255, 255, 255); color: rgb(68, 68, 68); font-family: &amp;quot;ヒラギノ角ゴ pro w3&amp;quot;,&amp;quot;hiragino kaku gothic pro&amp;quot;,&amp;quot;ms pゴシック&amp;quot;,&amp;quot;ms pgothic&amp;quot;,sans-serif,メイリオ,meiryo; font-size: 16px; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; margin-bottom: 0px; margin-left: 0px; margin-right: 0px; margin-top: 0px; orphans: 2; padding-bottom: 0px; padding-left: 0px; padding-right: 0px; padding-top: 0px; text-align: left; text-decoration: none; text-indent: 0px; text-transform: none; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; word-spacing: 0px;”>すごい雪の中、駆けつけてくれた二人の受講者さん、<span style=”font-weight:bold;”><span style=”color:#ff0000;”>私もやる気満々です!!!</span></span><br>



ものすごくざっくり解説すると、

『すごい雪の中、駆けつけてくれた二人の受講者さん、』の装飾として、フォントの種類、フォントの大きさ、空き具合、配置する位置、などが書いてあります。

『私もやる気満々です!!!』の装飾として太くて、赤い色つけるように書いてあります。



写真の部分にはにどんな仕掛けがなされているのかというと、

<a id=”i14099576182″ class=”detailOn” href=”//ameblo.jp/chiccle2000/image-12339662658-14099576182.html”><img alt=”” height=”315″ src=”https://stat.ameba.jp/user_images/20171227/18/chiccle2000/85/83/j/o0960072014099576182.jpg?caw=800″ width=”420″></a></p>



これまたものすごくざっくり解説すると、

写真クリックするとアメブロの写真一覧ページに飛ぶ仕掛けがかいてあります。





表面的にはたった36文字と写真1枚なんだけどね。

すごい雪の中、駆けつけてくれた二人の受講者さん、私もやる気満々です!!!





ちなみにcssの編集をした上で「タグ編集エディタ」を使うとこれくらいの量です。



文字の部分

<div class=”articleText”>すごい雪の中、駆けつけてくれた二人の受講者さん、<strong><font color=”#FF0000″>私もやる気満々です!!!</font></strong></div>



写真の部分

<div align=”center”><a href=”https://stat.ameba.jp/user_images/20171228/01/nawonow/4d/90/p/o0958078014099838515.png”><img src=”https://stat.ameba.jp/user_images/20171228/01/nawonow/4d/90/p/t02200179_0958078014099838515.png” alt=”しゃしん” border=”0″></a></div>





解決策と思われる参考サイトを教えたので、どうするかは本人次第と思いますが、それじゃ冷たい?笑

「タグ編集エディタ」を使えば極力無駄なタグを排除できるので、投稿方法を変えるのが当面の解決策かと。

それでも私の場合は一時的な回避策にしかならなかったので、自前サイトに引っ越すことで解消しました。

借り物のサイトで制限を気にしながら運営するか、自前でストレスなく運営するか。

考えてみてください。相談のるし。






次の案内をおまちくっださーい♪


伝える力つけて私と一緒に素敵な人生に変えようよ。
【メルマガ登録お待ちしています♪】
『もっと楽しく♪伝えるあれこれ』
身の回りで起きる体験を通してワクワクする
きっかけ作りのヒントをお伝えしています。
お申し込みはこちら
□お問合せご予約□
なおコンサルティング 佐藤奈緒子
contact@naocon.com

The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加