• このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の言葉で出せば、重みが増す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昼間に天文台行ったら、シロクマペンギン問題が勃発。ペンギンシロクマ問題とも言いますね。

大事なことだから、何回も何回も言うよ。

大事なことだから、何回も何回も言うよ。

シロクマは北極周辺にしか住んでないからね。ペンギンは南半球だからね。

一生会うことのない二人が出会ってしまった。

イケナイ構図に出会ってしまった。なおコン(@satodw)です。



そして僕は、途方に暮れる by大澤誉志幸







ニュスレターの記事とか、ブログとか、会社さんのに関わることが結構あってね。

自分の言葉で書くことが本当に大事で大切なことだと思うのです。

目立つポジションの人だけでは組織は成り立たないので、影で支える人が必ずいます。



会社を代表する人が例えば自社サイトの「ごあいさつ」ページとかでご挨拶を語っているわけですよ。

ところが従業員さんとかは語れる場所が(スタッフブログとかやってるところはまだまだ少ない)ないから、会社に対する心のうちが表に出にくい。



ある会社さんのニュースレターでは、スタッフさんが毎回担当している記事があってね。

私はそのコーナーが好きです。

決まり切った情報を並べるのではなく、どうやったらお客さんに有益な情報になるのか、考えてるのがわかります。

どんな記事かくのか打ち合わせの時にも、○○はどうですか?

とかって提案して会社のことよく知ってるから出てくる言葉だと思うのです。

代筆外注したのでは、出てこない言葉です。



ある会社さんのスタッフブログでは、「もうちょっと遊び心があっても良くね?」笑

と言いたくなるくらい、固い文章の人がいます。

最初は読んでたけど、私はつまんなくてそのうち読まなくなってしまった。ごめんね。

ところが、旅行先で食べたスイーツの食べ比べ記事を書いたことがありました。

これが、めっちゃ繊細で社内でも話題になってました。

「そんな一面あったのー!!」ってね。

文章自体は非常に硬かったけど、自分の言葉で書いたのは一目瞭然。

写真もよかった。分かりやすいように工夫して撮ってる。

自分で書いた文章、言葉だなと思いました。



うまい下手、関係なく自分の言葉で書いている文章は、例えば会社の人が大好きで、仕事が大好きで書いているのがわかるし、

普段固そうで言葉少ない人でも、わかってほしいという思いは文章から伝わってくるものだ。



自分の言葉で出す、重みは違うし、読んでいる人にはわかります。


⭐︎パンダまつり出展者さん向け 集客できるチカラをつけよう

9月13日 18:45-20:45、5000円 パンダ割あり出展者さんは4000円

要事前申し込み、事前振込

スタジオルーモ サロンスペース


伝える力つけて私と一緒に素敵な人生に変えようよ。
【メルマガ登録お待ちしています♪】
『もっと楽しく♪伝えるあれこれ』
身の回りで起きる体験を通してワクワクする
きっかけ作りのヒントをお伝えしています。
お申し込みはこちら

□お問合せご予約□
なおコンサルティング 佐藤奈緒子
contact@naocon.com


The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加