接触回数は親密度にも売上にも比例する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「写真撮るのうまいかも〜!」最近まんざらでもない。写真が上手に撮れるようになると、発信力に幅をかんじるんだけど、どう?なおコン(@satodw)です。





お客さんとの接触回数を増やすようにすると売上があがる。

とか、

仲良くなりたいなら長時間を少数回より短時間で複数回。

とか、よく耳にするので、実際そうなんですよ。



「わからなかったら聞いてね」とか、新人さんに言ったとするじゃん。

あんまり何回も聞くと「こいつバカなんじゃないか?」と思われてもイヤだから、あんまり聞かないでいると「こいつ何考えてんのかわかんない」となって、

接触回数と、親密度と、理解度を勘違いしてはイケナイね。





話あっちこっちとんだけど、

遠隔デジカメ教室(と勝手に言ってる)のおかげで随分上達してきました。

撮った際の情報(シャッタースピード、ISO、F値)も一緒にSNSに載せるのを日課にしています。



最初は撮った写真を #今日のデジカメ のハッシュタグつきで載せてただけ。

そのうちもしかしたら撮った際の情報があれば、みている人には何かわかるのかも?

「でも、私には問題点はまったくわかんないけどねー」これくらいのカルいノリ。

どんな状況で撮っているのかがわかれば、わかる人にはわかるので、コメントのしようがあるものだ。

1/80 F18 ISO200 雨上がりのレンゲソウ(だと思う)雫のキラキラとの対比

別に、接触回数をおおくしてナンチャラカンチャラ、とか、私にとって好都合の結果を望んでいたわけではない。

私自身への覚書ていどだ。



どんな状況で撮ったのかがわかると、コメントくれる人ってのがいるんですねー。

それを励みに、またコツコツと撮ってSNSへアップ。

そんなやりとりが続くと、張り合いも湧いてくるしね。



そして、写真レッスンの日が近づいたある日、こんなやりとりがSNS上でなされるのだ。

断る余地なくひろりんの皆さまフル出演・笑。レッスンではキビシイ個別指導が・笑。



私の苦手分野をちゃんと分析してくれて、レッスンの時にはカバーする内容にしてくれたのだ。

てんこ盛りの濃密なレッスンに混乱する私に

「ちゃんと考えて!!!!」

愛の鞭がビュンビュン鳴る。笑



おかげで、結構操れるようになってきました。

写真機の操作が出来るようになって来た、というだけでシーン毎に沿った写真が撮れるようになってきた、というわけではありませんよ、念のため。

1/80 F11 ISO200 地を這うような雨上がりの雲と、縦に走る電線が奥行きを感じさせますね。



別に下心があって、SNSにアップしていたわけではないけれど、見ていてくれる人は見ていてくれます。

接触回数が多かったから、個別のアドバイスがもらえたのですよ。



これを私自身のコトに置き換えて見ても非常に明確です。

例えば私の自主セミナーに何回か来てくれた人には贔屓します。

しかも、勉強熱心で「よしやるぞ」という意気込みが見えちゃうと「よーし、来い」とかワケわかんない気合いで迎えたりします。

熱の入れっぷりは明白で「次も参加します!」となってしまうのだ。

やはり、接触回数は親密度にも売上にも比例するのです。



カメラ覚えたいなら、福ちゃんへ

リクエストにお応えして、告知文の作り方の講座をします。

お知らせするのに「ここさえ押さえておけばいいよ!」の三大必須栄養素
「誰に」「何を伝えて」「どう行動して欲しいのか」を事例つきで解説

失敗しないプロっぽく見えるチラシの作り方 ワード編

7月5日(水)10:15-13:00 5,000円【要事前申し込み】

スタジオルーモ サロンスペース 定員3人

受講した方の感想です。
基本が分かれば途方にくれず(^^;)考えるのも楽しくなりそうです!

わかったようで、更に深ーく悩むように、、、、
でも、やれて良かった良かった
何をしたいのかをちゃんと考える事ができました


『要点3つだけじゃなく、Wordの機能に感動(笑)』

伝える力つけて私と一緒に素敵な人生に変えようよ。
【メルマガ登録お待ちしています♪】
『もっと楽チン♪パソコン集客あれこれ』
集客に関する実践・実験が赤裸々メルマガ。
お申し込みはこちら
□お問合せご予約□
なおコンサルティング 佐藤奈緒子
contact@naocon.com


The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加