「蔵王牛」ばんざーい がんばるぞー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょー軽いタイトル。なおコン(@satodw)です。



夕方のローカルNHKニュースが「蔵王牛」がんばるぞー! という内容でした。

関係団体とか、地元の人とか、お招きして試食会みたいなのの映像でさ、手のひらよりもでっかいステーキ焼いたりして、脂っこいのが苦手になってきたオトシゴロの私は「うっ」っと一瞬のけぞりそうになりながら見てました。



「蔵王牛」

がんばってほしいなー。



「うまいんです」みたいにインタビューに答えてて、宮城県人としても、ほんと、頑張ってほしい。

と、思う反面「まずいわけないだろ」とも思う。



まずい食べ物ってよっぽど探さないと見つからない。

味が口に合わないだけで、商品化しているんだから、何処かの誰かがOKしたんだから不味いわけじゃないと思う。

隣のコンビニだって、その先のヨークベニマルだって、100円のお店だって、不味いものを売っているはずがない。

儲けたいんだから、不味くないもの売るのが常識的な考え方だと思う。

となると、「蔵王牛」が不味いわけがない。



不味くないもの=美味いもの、かどうかは別問題だけれども。



今さ、美味しいものが、どこにでも、たーーーーっっくさんあるんだよ。

隣のコンビニだって、その先のヨークベニマルだって、100円のお店だって、美味しいものを売っている。

となると、「蔵王牛」がめちゃめちゃ美味くて仕方がない!!!!!のは当たり前なんだ。



不味くなくて、美味しくて、地元産で、これだけで売れるか?

っていうと、むずかしいね。



と、当たり前のコトをニュースを見ながら思っていたのだが、ニュースは事実を伝えるだけだからこれ以上でもこれ以下でもない報道をしなければならないから、これはこれでいいのだ。



こんなコトはさ、何年も前から言われていることだけれども、ニュースを見て改めて思ったよ。

生産者は自分たちの思いや意見をきちんと消費者に伝えないと。

「美味しい」「安全」「安心」じゃ、他と差がつかない。

他も同じコト言ってるから、当たり前だよね。

例えばこんな思いで作ってる、こんな工夫をしている、具体的に顔だして言ってもらえると「あー、そっか この人が言っているなら本当なのかもしれない」と私なら共感する。

もしも珍しい商品で一時的に売れたとしても他の誰かが真似するでしょ。

そしたらおんなじようなものがどんどん溢れてく。

だけどさ、作っている人の顔が思い浮かべるようなら「あの人が作ったから」という共感で似た様な安物に簡単に鞍替えしないんじゃないかと思う。

だからさー、あることをあるがままに伝えるニュースの味も素っ気もないニュースたる所以に対抗してみてほしいのだ。



「蔵王牛」ばんざーい がんばるぞー

高橋畜産|私達のこと(http://www.takahashi-chikusan.co.jp/about/)から拝借


参考までに 蔵王牛|米沢牛と山形牛と蔵王牛|高橋畜産


伝える力つけて私と一緒に素敵な人生に変えようよ。

ネットでのアプローチは苦手、と思っている経営者のあなたに朗報♪

あなたのコトがちゃんと伝わるコト深め
コトマーケティング 体験セミナー

4/4(火)18:30−20:00、 5/11(木)13:30−15:00、 6/24(土)10:30−12:00
スタジオルーモ 4800円(税別)

★アメブロカスタマイズで自分らしさを出す
★捨てられない名刺を作ろう
★捨てられないチラシを作ろう
★ワードプレスであなたのファンを作る
【メルマガ登録お待ちしています♪】
『もっと楽チン♪パソコン集客あれこれ』
集客に関する実践・実験が赤裸々メルマガ。
お申し込みはこちら
□お問合せご予約□
なおコンサルティング 佐藤奈緒子
contact@naocon.com


The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加