• このエントリーをはてなブックマークに追加

ビブレと、さくら野と、20代の私と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丸光 → ビブレ → さくら野、どうなっちゃうのかなー。最初の仕事はビブレの装飾屋さんでした。なおコン(@satodw)です。



忘れもしない卒業を5ヶ月後に迎えた11月3日文化の日は、丸光に内定が決まった人たちで懇親会兼ねた芋煮会だったのだ。

あんなカッコ悪い制服着たくないから

「卒論と卒業制作で時間が作れず、参加できません」

と体良く断って、入社も蹴って、結局自分で探してきた会社が、偶然にも丸光店内の装飾屋さんだったのだ。笑



感傷にひたってちょっと懐かしい話をしよう。



当時は就職氷河期、学校にくる求人も冴えなくて、就きたい職業のタウンページを上から順に

「御社はウィンドーディスプレイの会社ですか。新卒とりますか。」

と一軒一軒電話していって、やっと見つけた就職先が、つい数ヶ月前に断った丸光に出入りしている業者さんだったのだ。

運命とは恐ろしい。

入社まもなく、丸光からダックシティビブレに変わって、バブルがはじけていたけど、華々しくリニューアルオープンの内装とかしてさ。

全館装飾してまわる先輩のあとを脚立持ってついてまわるのが新人の役割で、ひたすら歩いてました。

地下2階(当時飲食)から8階催事場まで、閉店後歩きっぱなし。

エスカレーターは当然、閉店後は動いていないし。

エレベーターは他の業者さん使ってるし、階段と動かないエスカレーターを行ったり来たりしながら、先輩のあとをくっついて歩いてました。

夏はクーラーないので汗だく。

冬は深夜から翌朝になると寒くて。

閉店後にまんべんなく歩き回ってたので、何階にどんな店が入ってて、商品のラインナップもわかるし、一消費者になったときは、目をつぶってても店内歩けるくらい、なんでも知ってる自分が面白かった。



1年で一番華やかなクリスマスは12月1日から装飾が始まって、25日の閉店後にお正月に変える。

景気が悪くなると、ビブレの営業企画室から

「去年の70%の予算で見かけは去年以上頼むね」

みたいな事を上司が言われてて

「んなコトやってらんねーよ」

と言って去年の材料こっそり使い回ししたりしてたんだった。



バレンタインも結構たのしかったかも。

お客さん参加型のイベント考えて、願いの木に願いの短冊書いて吊るすと恋愛成就、とか考えて。



仙台七夕の前日に、花火大会あるじゃん。

カップルで浴衣着てラブラブ⭐︎なーんてのとは無縁で、花火のあがる音を聞きながら屋上から七夕の竹釣りあげるのが毎年の定番8月5日。



懐かしい写真ネットでみつけた





懸垂幕の当番、というのもあったなー。



「ふざけんなよ!!!」と怒鳴りそうになったこともあったっけ。

これで帰れる、最終チェックというタイミングでビブレのエラソーなヤツが最後の最後にやってきて

「これ、全部やり直し」

みたいな鶴の一言。



「お前がOK出した通りにやったのに、文句つけるのか!!」

みたいにムカついたけど、そこは新人。

上司と先輩が何も言わないので私もムカっ腹イラつきながら朝までかかって、ビブレのエラソーなヤツの言う通りにしてやった。

今思い出した。星っておっさんだ。



朝方までビブレの店内で装飾しまくっても翌朝9時には出勤だから、お風呂はいるために家かえって、寝ずに出勤というのはザラだった。

そうこうしているうちに、ビブレの雲いきがあやしくなってきて、どうやら店名変えて経営者も変わるらしい。。。

お客さんには「刷新します!」みたいな前向き発表だったけど、社長はビブレのせいで随分資金繰りに奔走したんじゃないかと思う。

同業他社は倒産するし、社長が自殺した同業社もあって、そのニュースが入った数日は社内もバタバタしてた。

ちなみに「さくら野」という店名は表向き公募だったけど発表前にとっくに決まってたのでした。



人ってさ、お金がなくなったらなにを削るかっていうと生命に関わりのない所にはお金かけないんだよね。

食費削ったとしても限界がある。

服飾、おしゃれ、削ったりしない?

髪切るの来月にしよう、流行の服じゃなくていいし、このバッグまだ使える、とかね。

飾る消費を抑えるのは非常に当たり前なんだ。



なので、会社も景気が悪くなってくると飾ることをしなくなる傾向にある。

前述のクリスマスのように「去年の70%の予算で見かけは去年以上頼むね」みたいなヤツよ。

同様に「前回と同じ規模で経費削減」というイベントが非常に多くなって来て、われわれ外注のイベント企画会社に頼んだりしなくなってきた。

百貨店の営業企画室だけで装飾をまかなうと、どういうコトになるのか想像つく?

貧弱なんだよ。

ビンボーくさい。

素人まるだし。



百貨店という素敵なドレスまとっているのに、持ち物は全部100均みたいな。

「あれ?それメッキ剥がれて中身のプラスチック丸見えですよ!」みたいな。



そうこうしているうちに、会社の経営もあやしくなり私も勤続10年を目前に退社。

これ以上学ぶのはないな、と見切りをつけて転職したのでした。



初めて就職した会社でMacを覚え、イラストレーター、フォトショップを身につけ、今の仕事の基礎を学び今に生かしているのだから非常にありがたい。

1年くらい前に会社の前通りかかったら前の上司にばったり会って元気そうだったなー。



学生時代にも、丸光の地下でバイトしたことあったからさ、今回のさくら野百貨店自己破産のニュースは、いろいろ思い出される。




年始の好感度アップしましょ。


知りたいのは、「不便、不満、不安の『不』が解決出来るコト!
3月10日(金)18:30〜20:00 
スタジオルーモ 5000円(税込)

・イマイチ自分のコトが伝わっていないような気がする
・自己紹介でどんなコトを話したらいいのかわからない
名刺交換すると高確率で「どんなコトをしているんですか?」と聞かれる

相手の反応を変えるのではなく、\\変わるのはアナタなんです//
ご参加の方は事前に連絡くださいね♪ どなたでも参加できます。
参加してくださった方の声 10月開催 9月開催1 2


伝える力つけて私と一緒に素敵な人生に変えようよ。

ネットでのアプローチは苦手、と思っている経営者のあなたに朗報です♪

あなたのコトがちゃんと伝わるコト深め
3月2
0日 コトマーケティング アドバイザー セミナー

相手の反応を変えるのではなく、 \\変わるのはアナタなんです//
みっちりコトマ6時間であなたが変われる

「滞在時間、売上げ上がりました!コトマに切り替えて7日目のことでした・・・
「明らかに出す言葉、書く内容が違う!これまでこういう視点で考えたコトもなかった。」
「お客様にコトPOPのアドバイスをしたら、あれよあれよと即日完売し、感謝されてしまいました。」


ご参加の方は事前に連絡ください。
アドバイザーセミナー参加者の声 →→ 10月開催その1 10月開催その2 9月開催

10:15〜17:15 スタジオルーモコレクション

★アメブロカスタマイズで自分らしさを出す
★捨てられない名刺を作ろう
★捨てられないチラシを作ろう
★ワードプレスであなたのファンを作る
【メルマガ登録お待ちしています♪】
『もっと楽チン♪パソコン集客あれこれ』
集客に関する実践・実験が赤裸々メルマガ。
お申し込みはこちら
□お問合せご予約□
なおコンサルティング 佐藤奈緒子
contact@naocon.com


The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加