自分の商売に今日からスグ使える コトマーケティングアドバイザー認定講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
宮城県倫理法人会 広報副委員長、仙台広瀬倫理法人会会員、コトマーケティング協会トレーナーの佐藤奈緒子です。



なぜ、販促アドバイザーの私が、コトマーケティング協会の会員として、このような講座を開催しようと思ったのか???

その経緯と想いを伝えさせていただきます。

「マーケティング」という言葉を知ったのは約5年まえ。

それまでも広告代理店のデザイナーとして名刺、ポスター、webサイトなどモノ作りに関わってきました。

勉強し、お客様や会社の言うとおりに作っても果たして反応がいいモノなのかどうかは不明でした。

カッコよさや機能の良さだけではなく、反応の良い販促物はどうやったら作れるのか探しているときに、米谷仁さん(広瀬の専任幹事ですね)と知り合いました。(米谷さんは、私が仙台広瀬倫理法人会に入会するきっかけとなった一人でもあります。)

その米谷さんを通じ、「モノ」を売るな! 「体験」を売れ! の著者、マーケティングコンサルタントの藤村正宏先生を知り、マーケティングの考えを取り入れた販促物を作るようになり、お客様にアドバイスさせていただくようになりました。

その結果、ご依頼いただいた名刺やwebサイトは反応が上がるようになり、お客様にも喜んでいただけるようになりました。

話が長くなりました。もう少しお付き合いください。

一般社団法人コトマーケティング協会の代表理事 松野恵介さんは、藤村先生の一番弟子、米谷さんのマーケティング仲間です。

【一般社団法人コトマーケティング協会】の理念は

『価値を伝えることで 人とつながり、社会とつながり 未来につなげる』


ロゴマーク





『マーケティングとは「独自の価値を伝えること」』
『モノやスペックはいらない!体験・コトを売る!』





さてここで、わが宮城県倫理法人会です。


はっきり普及拡大 大変です!

30周年3,000社に向けて声高く言って来ていますが、実際のところ年度末の会員数あわせに奔走しているのが本当のところだと思います。



・会長、専任幹事、普及拡大委員長に負担がかかる

・果たしてここから、あと何社増やすのか?

・単会を増やすといっても、結局会員数が増えないと・・・?

・増やしては減りの繰り返し

・その場限りのお願いも限界がある

・無理な誘いで人間関係の悪化になったら?

・会費が払えない、朝が弱いなど、断られる要素が目立つ



今までの誘い方では難しいかもしれません。

ですが、「コト」という今まで無かった視点で倫理の良さを伝えてみたら、結果が変わること間違いありません。


あなたなら、どっちのりんごを買いたいと思いますか?

ところで、その「コトマーケティングトレーナー」の「コト」ってどんな「コト」?

という疑問がわいてきたかもしれません。

例えば、

「青森県産 青木さんが作った 1個200円 りんご 品種ふじ」

これにPOPをつけるとします。

あなたならどんなPOPをつけますか?





おそらくこの写真と大差ないPOPなのではないでしょうか。


02



悪くはないけど、正直これだと他のりんごと区別がつきにくい。

大きさ、味、色、産地、種類、鮮度、などなど他と見比べてたぶん安い方を買うでしょう。

だって、買う理由がわからないから。

ところが、「コトマーケティングトレーナー」の言う「コト」がどんな「コト」なのかを講座を通じて理解していくと、同じ情報でも、こんな風に変わります。




01

『お子さん達の泣いて喜ぶ程の笑顔が見たい そのお母さん!!
青森のりんご料理研究家、青木夫婦がなんと20年かけて作った、お菓子用の甘~いリンゴ
「ふじ」1個200えん』

説明が書いてある「モノ」のPOPと、「コト」に意味をもたせたPOPとどちらのりんごを買いたくなりますか?



「たったコレだけの『コト』なら、別に受講しなくてもいいよ」と思ったかもしれませんね。

ですが、実際のところどうですか?

終始「モノ」の説明ばかりしていませんか?



・朝6時からヤル気のある経営者があつまって

・経営者としての姿勢、心が学べる

・家庭、家族、愛に溢れる倫理がイイ!

・会場は○○、

・早く起きると気持ちいい!

・とにかく来てみて!!!



「モノ」を別の表現にすると「スペック」とも言います。

場所、時間、参加者、倫理とは、朝起きとは、規模の大きさ、会費、などなど、倫理法人会の「スペック」を語って説明していませんか?ということです。



「モノ」を「コト」に変えてみたら、変哲のないりんごも、意味のあるりんごに変わったように、倫理の良さも見出せなかった意味を持つものになります!



今回ご紹介したりんごの例はごくごく一部です。

もっと細かく『コト』起しをしていきます。



実際の講座ではPOPを書きますが、POPの書き方を勉強するのではありません。

POPをとおして、「モノ」ではなく「コト」を引き出す考え方をトレーニングします。




受講された方の声をご紹介します。


20160920-koe03

金融業K.A.様

・ポップについて。
キャッチコピーはコピーライターのようなプロの方のものと思っていたが、作り方の基本に従い、こんなに分かり易いポップが自分で作れるとは思わなかった。
5つのポイントがよかった。
・自分の商売にも今日から即使えるうえ、倫理の普及拡大やその他のことにも広く応用できる。
基本の部分を教えてもらったのが良かったと思う。りんごで。
・一度、売り手の立場を離れて、お客さんに、どんなことが出来るのか、出来ているつもりで全く出来ていなかった。
改めて深く考えてみたい。
ありがとうございました。
金融業K.A.様






20160920-koe01

IT業 H.S.様

キャッチコピーを考えるうえで、5つのポイントを学びました。これまで、こういう視点で考えたことがなかったのでとても分かり易く思いました。
特に美容系(美容室・化粧品)、衣料品店での事例では5つのポイントから最適なものが使われていて、女性でなくとも共感出来るキャッチコピーでした。
今日はとても深い一日となりました。
ありがとうございました。
IT業 H.S.様




20160920-koe02

製造・販売業 T.K.様

・今日のセミナーを受けてPOP作成のコツがよく分かりました。
・早速明日から本店売店で今日教えて頂いた事を意識してPOPを作って売上UPに繋げたいと思います。
・POP作りがクセになりそうです。
製造・販売業 T.K.様




半信半疑とお思いかもしれません。

半信半疑でもまずは受講してみてください。

倫理活動が広まるもはもとより、自社に持ち帰っていただき御社の商品やサービスの良さ、価値を伝える一助になる!そんなお手伝いができたら ・・・と思い、「コトマーケティングトレーナー講座」を開催いたします!


「自分の商売に今日からスグ使える コトマーケティングアドバイザー認定講座」

9月22日(木・秋分の日)10:15~ 限定 先着5名様 

会場は仙台市青葉区中央2丁目10−1 第二勝山ビル5F スタジオルーモコレクションです。

終了後、アンケートのご記入をお願いします。

おまちしています!

The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加