• このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで無言の友達申請、なおコンの考えはコレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思ったことそのまま文字にしたら、同じ事考えてる人がいて、やっぱりそーだよと思いましたよ。



無言で何をどうしろと?



書いてること、そのまんまです。

Facebookで無言の友達申請ってなんなんでしょうかね。フォローが1000人以上もいらっしゃる名だたる方らしいですが、私あなたのこと存じ上げませんで、無言で御断りしますよ。

どんな人が私に無言で友達になりたいと思っているのか独壇と偏見で分析してみました!私なんかとゴリ押ししてでも友達になりたいとアクション起こしてくれた方々、有難い存在です。

私のプロフィールには、一応こんなこと書いてます。念のため。

ソーシャルな繋がりも、リアルな繋がりも大事にしています。お友達申請は、面識がない方、顔写真のない方、メッセージもなく申請のみという方は、お受けしません。

それでも友達になりたいとアクション起こしてくれたんだもん。私もどんな人なのか当然見るさ、あなたのことを。

顔写真、友達の数、プロフィールみればだいたいわかりますね。ビジネスでバリバリ使ってるのか、ビジネスしたくて使ってるのか、ビジネス関係なく日記代わりに使ってるのか、友達とのコミュニケーションに使ってるのか、リア充重視で陶酔してるのか、覚書で使ってるのか、ビジネスに繋げたいんだよね?、とか。

Facebook始めたばかりだろうな、と思う人はまずいいさ。Facebookには取説ないし、説明してくれそうな人が身近にいないんじゃないかと思う。うん。

共通の友人知人多いから、同じコミュニティに属してそうだしきっと友達だ!と思う人、わかります。私もうっかり友達申請したくなる。だけど私の経験上、会ったことない人の投稿見続けるのは正直なかなか難しい。会ってから友達になった方がよほど距離が縮まる。魅力的で個性的で私の琴線にふれる人は、私がフォローします。友達になるのは直接会って「友達申請していいですか?」からにします。

友達が少ない、当然共通の友達も少ないまたは0。自身の写真も投稿もプロフィールも見えてこない。このような方は、私のプロフ写真の出来栄えに騙されたのでしょう。(笑)いい写真館紹介します。秋田の岩田写真館。ネットで探してください。素晴らしいです!

判断に苦しむのは、1000人以上の友達、タイムラインは他人からのタグ付けが多い、幸せそうな人達に囲まれ、パーリィーやお茶会やランチ会のイベントが多い、講座やセミナーかもしれません。参加者ではなく主催しているのかも。プロフィールもしっかりしてて、フォローが1000人以上なんてざら。当然ながら共通の友達もワリといる。そのような方が私ごときに無言でお友達になってくださるなどと勿体のうございます。拝見するにマナーやコミュニケーション、中にはSNSのプロフェッショナルと自己紹介していらっしゃる方もいますね。

Facebookには取説ないし、ワードやエクセルのようにイルカが出てきて助けてくれるわけではないし。



office2007には廃止された 涙



人それぞれ、と思うことにしています。
私はコミュニケーションしながらとことん楽しむ!所存ですが。
3月30日(水)18:00~ スタジオルーモ
<お客様との出会い方講座のフォローアップ90分>2000円
ご希望の方は事前に連絡をください。
伝える力つけて私と一緒に素敵な人生に変えようよ。
4月17日(日)10:30~ スタジオルーモ
<マイブランディングはストーリーが決め手!>2000円
ご希望の方は事前に連絡をください。
とことん楽しむ!
★SNSスターター講座0→1
楽しく情報発信したい人が対象です
SNSの使い方より、考え方
2日間で、3時間、20000円
詳細申込みはコチラ
上記以外の相談、作成も随時受付してます
★アメブロカスタマイズ
★捨てられない名刺を作ろう
★ワードプレスであなたのファンを作る
【メルマガ登録お待ちしています♪】
『もっと楽チン♪パソコン集客あれこれ』
集客に関する実践・実験が赤裸々メルマガ。
お申し込みはこちら
□お問合せご予約□
なおコンサルティング 佐藤奈緒子
090-2844-1574
contact@naocon.com

The following two tabs change content below.
あなたのその情報、きちんと伝わっていますか? 『伝わなければ、ないのと同じ』 こんにちは。仙台の身近な起業を応援!集客矢印上向き なおコンサルティングの佐藤奈緒子です。「もっと楽しく販促」「分かる言葉で伝えよう」をモットーに小さなお店のオーナーさんのための、人が集まり続ける仕組み作りアドバイスをしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加